トップページ > 離婚を考えた時

離婚を考えた時注意した方がいい5つのポイント

■後悔しない選択をするために
程度の差こそあれ、結婚している人で
ほんのわずかでも「離婚」を考えたことはない、
という人はめったにいないのではないでしょうか。
多少なりとも、
「結婚は早まったかな」
「この人じゃなかったかも・・・」
などと思ったことは多くの人にあると思います。
ただ、その時の感情や投げやり的に離婚を決めても
あとで後悔するだけです。
そうならないために、離婚が頭をよぎった時に
気を付けるべき点を5つあげました。
離婚を考えた時

一人で悩まない

プライベートなことで、
内容も内容なだけに
離婚について誰にも話せずに
一人で悩んでいる人は多いものです。
ただ、一人で悩んでいても
どうしてもネガティブな方向へと考えてしまい、
全く解決する気配がないような気がするものです。
こういう時は、真剣に相談にのってくれる人に
相談した方がいいでしょう。
例えば
・親、兄弟
・親友、離婚経験のある友人
・弁護士
・離婚の電話相談
など
解決策を提示してもらう必要はありませんが、

自分の気持ちを吐き出すことで楽になり、
もっと冷静に考えることができるようになるかもしれません。

楽観的に考えすぎない

「離婚しても、その気になればまあ何とかなるだろう」
など、根拠もなく楽観的になることは避けましょう。
毎月の生活費、住む場所、仕事など。
思ったよりお金がかかったり、
思い通りにいかないことが出てきたり、
こんなハズじゃなかった!!
などとならないよう、
離婚後の生活については
十分過ぎる程シミュレーションしておきましょう。
何の準備や備えもない状態で
安易に離婚してしまうと、
後で後悔する原因となります。

あいまいな気持ちで離婚を決めない

「このまま同じ屋根の下に住んでいても仕方ない」
「でも、世間体などを考えると、迷ってしまう・・・」
このように、どっちにしようか・・・的な状態で
離婚しても、やはり後悔する可能性があります。
何が何でも幸せな人生をやり直す、
という強い気持ちで離婚を決意することが必要です。
離婚を考えた時

結論を急ぎ過ぎない

「とにかく早く離婚してしまいたい」
という気持ちから決断を急いでも、
いいことはないでしょう。
例えば、子供が2 人も3 人もいてまだ年齢も幼い、
これまで仕事もしていなかった、
体も病気がちだ、
などという場合、
すぐに離婚しても困難なことの方が多いでしょう。
そういう場合、
慰謝料や養育費を少しでも多くもらうための調査や、
都合のいい働き先を先に確保する、
など、先に準備しておくべきことがたくさんあるのです。

感情的に離婚を切り出さない

離婚を決意し相手に切り出すときは
感情的に話しをしないよう冷静になることです。
相手が逆上して話しがこじれてしまっては
元も子もありません。
トラブルを避けるために、
離婚の切り出し方として注意すべき点は以下です。
・飲食店など、第3 者の目がある場所を選ぶ
・知人など、第3 者に立ち会ってもらう
・余計なことは言わず、必要なことのみ手短に伝える
・言葉は慎重に選ぶ
・あまり長時間にならないようにする
以上が、離婚を考えたときに注意すべきポイント5 つです。
早く離婚してしまいたい、
という気持ちもあるでしょうが
後で後悔しないために
慎重に準備をして

新しい人生のために前に進んで行きましょう。
離婚を考えた時

Copyright(c) 2016 老眼予防に眼球運動. All Rights Reserved.